【ロード・オブ・ザ・リング:戦いの幕開け】初心者向け_序盤の効率的な進め方

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ロード・オブ・ザ・リング:戦いの幕開けまとめのアイキャッチ ロード・オブ・ザ・リング:戦いの幕開け

この記事では、【ロード・オブ・ザ・リング:戦いの幕開け】を始めたばかりの方向けに、序盤の効率的な進め方や、気を付けるべきポイント、基本的な機能についての徹底解説をお届けします。

勢力を選ぶ

【ロード・オブ・ザ・リング:戦いの幕開け】を始めると、一番最初に勢力を選択することになります。
この勢力によって自軍のボーナスと最初に獲得できる指揮官、今後手に入る指揮官などが異なります。

下の表は勢力とボーナス、最初に手に入る指揮官一覧です。

勢力一覧

勢力効果入手できる指揮官
アングマールアングマール攻城ダメージ +5%アズゴクアズゴク
ウゴサクウグサク
リンドンリンドン木材、穀物の採取量 +10%ファラミアボロミア
ハルディアハルディア
アルノールアルノール建造コスト -5%ファラミアボロミア
ハルディアハルディア
ロスロリアンロスロリアン指揮官の獲得経験値 +5%ハルディアハルディア
エオウィンエオウィン
エレボールエレボール徴兵、雇用時間 -5%ファラミアボロミア
ドワーリンドワーリン
リューンリューンNPCに与えるダメージ +10%ゴルバグゴルバグ
カルドゥーンカルドゥーン
アイゼンガルドアイゼンガルド徴兵、雇用に必要なコスト -10%アズゴクアズゴク
ウゴサクウグサク
ローハンローハン行軍速度 +3%エオウィンエオウィン
ハルディアハルディア
ゴンドールゴンドール建造時間 -5%ファラミアボロミア
ドワーリンドワーリン
モルドールモルドール資源の産出+5%ゴルバグゴルバグ
カルドゥーンカルドゥーン

オススメの勢力

ロスロリアン

ロスロリアン

「ロスロリアン」のボーナスは、『指揮官の獲得経験値+5%』というものです。
これは、戦闘や模擬戦、小話で指揮官が獲得できる経験値が+5%されるというものです。
このボーナスは他の勢力に比べても、効率的にゲームを進めることができます。

指揮官がレベルアップすると指揮官自身の能力増加はもちろん、自身の軍勢に対するバフも得ることができます。
そのため、迷ったら『指揮官の獲得経験値+5%』される「ロスロリアン」を選んでおけば間違いないと言えます。

自軍強化向けの勢力

モルドール

ゲーム内では、戦闘だけでなく[建築]や[徴兵]なども行うことができます。
[建築]をすることで、自身の拠点にある資源を貯めるための倉庫や、戦いで負傷した兵士を回復させる薬療院をレベルアップすることができます。
建築物をレベルアップすることで、資源の保有上限の増加や拠点の耐久値を上げることができます。
そういった要素も[戦闘]に有利に働くことがあるので、自軍強化向けの勢力を選ぶのも1つの手です。

自軍を効率的に強化できる勢力の中で特におすすめなのが「モルドール」です。
「モルドール」のボーナスは『資源産出+5%』というものです。
これは、占領した土地から得られる材木や石材が出る量が+5%されることを現しています。
このゲーム内では資源がとても重要です。
資源は[戦闘]で土地を占領することで手に入れることができますが、自軍の戦力が弱い場合は簡単な土地しか占領できずあまり資源を獲得することができません。
それは、自軍の建築にも大きく影響します。
建築が出来ないと強い兵士を獲得することも、負傷した兵士を早く回復させることもできません。
そのため、「モルドール」の『資源産出+5%』というボーナスは少ない資源で建築をできるという点でオススメです!

同じ[建築]を効率的に進めるボーナスをもった「ゴンドール」もあります。
『建設時間-5%』も建設を早く終わらせることができる点で有利ですが、上述の通り、このゲームでは資源の獲得に時間がかかります。
なので、建設時間を短くしても資源が無い場合は次の建築に移ることができません。
その点で「ゴンドール」はあまりオススメできません。
どうしても長い建築時間を待ちたくない場合は、寝ている時に建築時間の長いものをスタートさせておくのも1つの手です。

勢力を選ぶ際の注意点

勢力は1サーバーごとに上限が設定されています。
上限に達すると、そのサーバー内の上限に達した勢力に参加することは出来ません。
どうしても特定の勢力に入りたい場合はサーバーを変更することも可能です。

 

指輪をつくる

指輪

勢力を決めたら次は指輪をつくりましょう!
実はこの指輪は、選んだ素材や宝石によって指揮官や軍隊に与えられるボーナス効果が異なります。
自分の好きな指輪をつくるも良し、効果的で強い指輪をつくるも良しです!

土地を占領しよう

このゲームの目標は自分の領土を広げて多くの土地や建造物を占領することです。
このゲームはシーズン制になっており、シーズンが更新されると、それまでに占領した土地は全てリセットされます。
そのため、シーズン中にどれだけと血を獲得できたかが重要になってきます。

土地を占領と、『戦力』と『土地の種類に応じた資源の獲得量』が増えます。
『戦力』とは指輪を強化するために必要なものです。
指輪を強化することで[指揮官の経験値獲得量アップ]や[資源の採取量アップ]をすることができます。

土地を占領する際の注意点

土地を占領する際の注意点が2つあります。

隣接している土地しか占領できない

占領できるマスの図解

1つ目が『隣接する土地しか占領できない』です。
マップ内の土地は1つ1つが四角のマス目になっています。
土地を占領する際は、すでに自分が占領している土地と隣接していなければいけません。
隣接の判定基準は、マスのどこかと繋がっていればよいです。
勿論4面のどれかでも良いですし、4つ角のどこかでも大丈夫です。

一度占領した土地は繋がっていなくても残る

放棄しても残る
ちなみに、1度占領した土地を放棄し、既に占領済みの土地が他の占領した土地と繋がらなくなった場合でも、既に占領している土地は消えません!

そのため、どの占領済みの土地とも隣接していない戦力の高い土地を占領するために、1度隣接している戦力の低い土地を占領して戦力の高い土地まで行って占領し、その後それまで獲得した戦力の低い土地を放棄しても、占領した戦力の高い土地は残り続けるということです。

文字では少しわかりにくいと思うので、上図を参照していただけるとわかりやすいかもしれません。

占領できる土地の数には限りがある

占領できる土地の上限

2つ目が、占領できる土地の数には限りがあるです。
自分が占領できる土地の数には制限があります。
占領できる土地の制限は、指輪のレベルアップやチャプターを進めることで増加します。
そのため、自分の戦力がある程度上がったら、それ以前に占領した戦力の低い土地は放棄して新しい土地を占領しましょう!
そうすることで、どんどん自分の戦力を増やしていくことができます。

占領できる土地が制限される原因の2つ目が、所属している勢力の他のプレイヤーが既に占領している土地の場合です。
マップには自分以外にも同じ勢力に所属しているプレイヤーもいます。
そんな同じ勢力に所属しているプレイヤーが既に占領している土地は基本的にあとから自分が占領することは出来ません。
そのため、戦力が高い土地のような美味しい土地は早めに占領しておきましょう。

じつは、1つだけ味方の土地を自分が占領する方法があります。
それが『裏切り』です。
『裏切り』とは、特定の味方の土地を自分が占領できるようにする機能です。
この『裏切り』を使うとすでに味方が占領している土地を後から自分が占領できるようになります。
つまり、味方の土地を占領できるようになるということです。

建設をしよう

このゲームでは『建設』をすることで自分の施設をアップグレードしたり、新しい施設を建設することができます。
建築をすることで[資源の産出量]がアップしたり、新しい兵士を徴兵できるようになります。

領主の館

領主の館

建設をする際に重要になってくるのが『領主の館』です。
この施設を強化することで、自分の拠点の耐久値を上げることが可能です。
それ以外にも、この施設をアップグレードすることで新しい施設を建築できるようになったり、他の施設をアップグレードすることもできるようになります。

建築をする際の注意点

建築物には[資源の産出量]をアップさせる施設や、[新しい兵士]を使えるようになる施設など様々です。
これらの施設を建築するには資源が重要になってきます。
もちろん、施設のレベルが上がるごとに「必要な資源量」も増えていきます。
そのため、何か1つの施設の強化に特化するよりも、様々な種類の施設をまんべんなく強化していくことをオススメします。

徴兵に必要な資源の数や、建築量を調整しながら建築していきましょう。

 

仲間に加入しよう

仲間のメイン画面

仲間とはゲーム内の同じ勢力のプレイヤーが集まったグループです。
この仲間に加入することで『建築時間の短縮』や『戦隊のストア』、『資源の獲得量アップ』など様々なメリットがあります。
仲間への加入方法は『創設』と『参加』の2つあります。
結論から言ってしまうと、特にこだわりがない場合は『参加』するのが無難です。

仲間を創設する

200ジェムを消費することで仲間を創設することができます。
仲間を創設することで自分がリーダーになることが可能です。
1から自分の仲間を成長させたい場合は創設しましょう!

仲間に参加する

仲間に参加することも可能です。
仲間に参加することのメリットはなんといっても、ある程度成長した仲間に参加することができることです。
上述のように仲間は成長することで『仲間のストア』や『資源の獲得量アップ』といったボーナスを利用できるようになります。

例えば『仲間のストア』は仲間レベルが10になると利用できるようになります。
最初から自分の仲間を創設すると仲間レベルは1から始まり、仲間レベルを上げるのにある程度の時間と、メンバーが必要になります。

ある程度成長している仲間に参加することで最初からボーナスを利用できるので便利です。

仲間の脱退

仲間を脱退することもできます。
一度に参加することができる仲間は1つなので、もっと成長した船体に線化したい場合や、新しく自分で仲間を創設したい場合には脱退する必要があります。

注意点として、1度脱退すると30分間は他の部隊に参加することができません。

自軍を強化しよう

このゲームそれぞれの土地に戦力が割り振られており、戦力の高い土地ほど多くの資源や経験値が手に入ります。
しかし、自軍の戦力が土地の戦力より低いと占領に失敗する確率が高くなります。
そのために、自軍の強化をする必要があります。

指揮官を強化しよう

ポートレイ

指揮官とは、自軍を率いるリーダーです。

指揮官の能力は自軍のステータスに影響します。
指揮官は、酒場の『指揮官を募集する』や『ガチャ(マゾムの行商人)』から入手することができます。
『指揮官を募集する』ではガチャから手に入るアイテムを使い徴兵できます。

『ガチャ(マゾムの行商人)』からは、『指揮官を募集する』に使えるアイテムの他、「招待状」も手に入ります。
「招待状」とはレアリティは非常に高いですが、使用することで1回で特定の指揮官を徴兵することができます。

指揮官を強化するには、指揮官一覧画面から『ポートレイ』を選択します。
この『ポートレイ』でポイントを配分することによって指揮官のステータスをあげることができます。
『ポートレイ』で使用するポイントは、指揮官をレベルアップさせたり、知恵伝授によって獲得できます。

指揮官を募集する

指揮官を募集するの画像

『指揮官を募集する』とは酒場で利用できる機能で、アイテムを使って指揮官を入手する機能です。
『指揮官を募集する』に必要なアイテムはガチャから手に入ります。
アイテムには大きく分けて「2種類」あります。

1つ目が[エール]です。
指揮官は3種類に分かれており、エールを使えるのは1種類目の指揮官のみです。
エールを使うことで指揮官の敬意を+10することができます。
1種類目の指揮官は敬意が800になると徴兵することができるようになります。

指揮官の敬意を上げることができる2つ目のアイテムが[固有のアイテム]です。
[固有のアイテム]は特定の指揮官にのみ使うことができるアイテムです。
[エール]よりも1度に多くエールをあげることができるので便利です。
1種類目の指揮官は[固有のアイテム]を複数の指揮官から選んで使用することができます。
2種類目以降はそれぞれの指揮官で[固有のアイテム]が違うので、より徴兵が難しくなっています。

 

兵士を強化する

徴兵

兵士は自軍の戦力を決める大事な存在です。
兵士を手に入れるには、[徴兵所]を建設、レベルアップすることで手に入ります。
兵士には大きく分けて『近接』と『遠隔』があります。
どちらも文字通り『近接』は敵の目の前で戦い、『遠隔』は遠方から弓矢などの飛び道具を使用して攻撃します。
強い軍隊をつくるにはこの2つを上手く組み合わせる必要があります。

兵士を徴兵するには多くの資源が必要になるので資源の確保にも気を付けましょう。

装備を強化しよう

装備は指揮官や自軍のステータスに影響を与える重要なアイテムです。

装備は『ガチャ』や『小話』、『西境の赤表紙本』などから手に入ります。
武器や防具を指揮官に装備させることで、[腕力]や[精神力]を上昇させることができます。
さらに、レアリティが[上等]以上の装備はボーナス効果が付いています。

しかし、武器や防具は指揮官の種族によっては装備できないものもあるので注意が必要です。
基本的には、レアリティが高い装備ほど良い効果を持っているので、メインで使っている指揮官にレアリティの高い装備を与えてあげましょう。

装備の他の使い道

装備の強化

武器強化

余った装備は、他の装備の強化や指揮官の強化、金に変えるなどの使い道があります。
装備は同じレアリティで同じタイプのものを組み合わせることで強化することができます。
強化すると装備のステータスが上がるため、余った装備は使っている装備の強化素材しましょう!

知恵伝授

知恵伝授

知恵伝授とは、装備を使用して指揮官にボーナス効果を与えることができる機能です。
知恵伝授は『酒場』で利用することができます。
知恵伝授を利用すると、装備のレアリティにより異なるポイントを指揮官に与えることができ、ポイントが100に達すると指揮官が特別な効果を得ることができます。
指揮官がボーナスを得ると、武器や防具を装備した時の熟練度が50%の状態になります!

装備を金に変える

装備は酒場でに変えることができます。
金とは、ゲーム内で使える通貨でアイテムを購入したり兵士を強化することができます。
しかし、装備を金に変えるのはあまりオススメできません。

というのも、上記の通り装備は強化にまわした方がメリットが多いからです。
同じレアリティの装備を合成することで装備を強化することができますし、指揮官のスキルアップを行うこともできます。
兵士を強化するために金を使うことも大切ですが、金は小話などから手に入ります。
装備も、小話やガチャから手に入りますが、手に入る量が少ないので金よりも希少です。

そのため、オススメとしては装備は強化や知恵伝授にまわすことです。

タイトルとURLをコピーしました