ディズニー映画【クルエラ】ネタバレ感想・考察_エマ・ストーン主演で、有名ヴィランの過去を描く

クルエラのロゴ レビュー

こんにちは!

今回は、有名な『101匹ワンちゃん』のヴィランであるクルエラの過去を描いた映画【クルエラ】のネタバレ感想・考察、そして解説をお届けします!

まずは【クルエラ】の作品情報を振り返りましょう。

クルエラの作品情報

予告編

ディズニー史上最も悪名高きヴィラン“クルエラ”の誕生秘話をスタイリッシュに描き出す、 衝撃のパンクロック・エンターテイメント!

クレイグ・ガレスピー監督

本作は、クレイグ・ガレスピー監督によって制作されました。

クレイグ監督は、2017年にマーゴット・ロビー主演の映画【アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル】の監督を務めました。

エマ・ストーン

エマ・ストーンのエステラ

本作でクルエラを演じたのは、エマ・ストーンです。

エマは、【小悪魔はなぜモテる?!】のオリーブや、【アメイジング・スパイダーマン】のグウェン、【ラ・ラ・ランド】のミアで知られている女優です。
多くの作品で、小悪魔的な美貌を活かしてきたエマは、【クルエラ】でも魅力的な衣装やメイクと共に発揮していました!

エマ・トンプソン

男爵夫人

本作で、有名なデザイナーでクルエラの育ての母親を崖から突き落とした男爵夫人を演じたのは、エマ・トンプソンです。

エマ・トンプソンは【ハリー・ポッター】シリーズで、占い学のシビル・トレロー二ーや、【メン・イン・ブラック】でエージェントOを、同じディズニー映画の実写化である【美女と野獣】ではポット夫人の声を担当しました。

ディズニーの実写化作品では夫人の役が続いているエマ・トンプソンですが、今後のディズニー実写化作品でも夫人の役をエマ・トンプソンが演じるかもしれません(笑)

ジョエル・フライ

本作でエステラの仲間で、良き友人でもあるジャスパーを演じたのはジョエル・フライです。

ジョエルは【イエスタデイ】でロッキーを演じたことで知られています。
本作では、エステラの良き友人を上手く演じていました!

ポール・ウォルター・ハウザー

エステラとジャスパーの友人のホーレスを演じたのはポール・ウォルター・ハウザーです。

ポールは、本作の監督を務めたクレイグ・ガレスピー監督の【アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル】にも出演しています。
クリント・イーストウッド監督作品【リチャード・ジョエル】では、主演を務めました。

マーク・ストロング

ジョン_マーク・ストロング

男爵夫人の側近のジョンを演じたのは、マーク・ストロングです。

マークは【キングスマン】シリーズや【シャザム!】で知られています。
これまで悪役を演じることが多かったマークですが、本作では前半で悪役だと思わせて、後半で本当の姿を明かすという描き方で、マークの特徴を活かしていました。

ここから先は【クルエラ】のネタバレを含みます。

有名ヴィランの過去を描いた

クルエラ

本作はディズニー作品の中でも有名なヴィランであるクルエラの過去を描いた作品です。

クルエラと言えば【101匹ワンちゃん】に登場し、ダルメシアンを毛皮にしようと企むデザイナーです。

本作では、ミッドクレジットシーンでジャスパーが作曲家であることから、実写版では無くアニメ版をベースにしていると考えられます。
そのため、アニメ版の【101匹ワンちゃん】を基に話を進めていきます。

本作は、過激なデザイナーの誕生を描いた作品としては面白かったですが、クルエラの過去としては微妙な作品だと感じました。

まず始めに、アニメ版でクルエラはダルメシアンの子供を毛皮にしようと企む冷酷なデザイナーとして描かれていました。
しかし、本作ではその面影が見えないどころか、愛犬家として描かれていました。

特に、バディとウインクがクルエラ達の良き相棒として描かれていました。
物語の終盤でダルメシアン柄の衣装を着ていましたが、実は男爵夫人のダルメシアンを殺していませんでした。

そんな愛犬家のクルエラとメンバーから、有名なクルエラになることを想像することは難しいです。
作中ではクルエラとエステラの違いについてジャスパーが困惑していましたが、最終的に良い関係に落ち着いていたと思います。
しかし、そこからどのように有名なクルエラになるのでしょうか。

ディズニーヴィランズの実写化作品では、他にも有名な【マレフィセント】があります。
マレフィセントは既存の【眠れる森の美女】の物語を大幅に変更した作品でした。

もしかしたら【クルエラ】もアニメーション映画からは大幅な変更が加えられた作品になるかもしれません。

クルエラ以外のヴィラン

エマ・トンプソンの男爵夫人

本作は有名なディズニーヴィランズであるクルエラを主人公にした作品です。
そんな作品で必要なのは何でしょうか?

答えは別のヴィランです。

多くの物語には悪役が登場します。
本作ではエマ・トンプソン演じる男爵夫人がヴィランです。

この男爵夫人は有能なデザイン会社の社長でありながら、部下に冷たかったり、エステラの殺害を命じる等、冷酷な面を持ち合わせています。
この性格はどこかクルエラを彷彿とさせます。

本作では、エステラが男爵夫人の娘であることが明かされます。
それが関係しているのか、エステラはデザイナーとしての才能があり、将来クルエラになった際、男爵夫人と似たような性格になります。

これは、クルエラの将来の性格を表しているのかもしれません。

キャラクターの変更

アニータ

本編終了後のミッドクレジットシーンでは、クルエラから2人のキャラクターにダルメシアンが送られます。
この2人のキャラクターは、男性がロジャー、女性がアニータです。

この2人はアニメ版のメインキャラクターであり、ダルメシアンのポンゴとパディータの飼い主です。
後に2人と2匹は結婚し、沢山の犬を育てることになります。

そんなロジャーとアニータですが、アニメ版と異なります。

ロジャーは大柄な体型で、アニータは黒人に変更されていました。
この変更については【クルエラ】がアニメ版をベースとしている場合は少々気になる点ではあります。
昨今は原作と実写化でキャラクターを変更することはよく見られます。

原作に慣れ親しんだ人にとってそれは大きな問題として扱われますが、実写化に最初に触れた人からするとそれは大きな問題では無いように感じます。

この変更については意見が分かれる部分だと感じました。

総評

本作は魅力的な衣装やオシャレな映像など、デザイナーが主役の映画としては良いと思いました。

しかし、クルエラの過去の物語としては微妙だと感じました。
本作のクルエラは男爵夫人という別のヴィランが登場したこともあり、好意を持った人も多いと思います。
しかし、本作はディズニーヴィランの過去の物語です。

ここから、どのように犬の皮をはごうとする狂人へ変貌するか、本作では想像することが出来ませんでした。

ミッドクレジットシーンでは続編の可能性が示唆されていたので、続編で何か大きな変化があるのかもしれません。

もしくは、マレフィセントのようにオリジナルストーリーで展開していくのでしょうか。

正直、お洒落なエマ・ストーンが観れれば良いというのは置いておきましょう(笑)

さいごに

いかがだったでしょうか。

今回はディズニー映画【クルエラ】のネタバレ感想・考察をお届けしました!

素敵な衣装に身を包んだエマ・ストーンや、可愛いワンちゃんなど魅力的な要素が多数登場しました。
【クルエラ】は続編が決定しています!

最後までお読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました