Netflixオリジナル映画【KATE/ケイト】ネタバレ感想

KATE/ケイト レビュー

こんにちは!今回はNetflixで配信されているオリジナル映画【KATE/ケイト】のネタバレ感想をお届けします。
本作は東京(のような場所)を舞台に主人公のケイトの『ジョン・ウィック』を思わせるようなアクションをたくさん観ることが出来ます!

その前に【KATE/ケイト】の基本情報を確認しましょう。

【KATE/ケイト】の基本情報

【KATE/ケイト】は2021年9月10日にNetflixで配信開始されたアクション・アドベンチャー映画です。

あらすじ
大都会東京での最後の仕事を前に、毒を盛られてしまった冷酷な暗殺者。余命として残された24時間以内に、自分の殺害を命じた者を突き止め、報復することを誓う。
(Netflix)

本作はセドリック・ニコラス=トロイヤン監督によって制作されました。
セドリック監督はスノーホワイト/氷の王国で監督を務めた経験があります。
セドリック監督はフランス出身のため、フランス映画の視覚効果を多く担当しています。
その他にもスノーホワイトの1作目では視覚効果スーパーバイザーを、マレフィセントでは第2班監督を務めました。

登場人物

メアリー・エリザベス・ウィンステッド

ケイト

本作の主人公のケイトを演じたのは、メアリー・エリザベス・ウィンステッドです。
ウィンステッドは『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』のハントレスや、『ファーゴ』のニッキ・スワンゴを演じたことで有名です。
アクション・アドベンチャーの本作では見事なアクションを披露しました。

ウディ・ハレルソン

ヴァリック

ウィンステッド演じるケイトが幼い頃から関係があり、家族のような存在のヴァリックを演じたのはウディ・ハレルソンです。
『ハン・ソロ/スターウォーズストーリー』や『ゾンビランド』などで性格の異なる様々な役を演じたハレルソンは本作でも役柄を見事に演じていました。

ミク・マーティノ―

アニ

大阪でケイトが暗殺したヤクザの娘でケイトと行動を共にするアニを演じたのはミク・マーティノ―です。
マーティノーはこれまで、主に子供向けアニメシリーズに出演していました。

浅野忠信

蓮司

ヤクザの「蓮司」を演じたのは浅野忠信です。
日本でも有名な彼は、『マイティ―・ソー』シリーズや、『モータルコンバット』に出演していることで海外でも有名です。

國村隼

木嶋

ケイトが毒を盛った犯人を捜す中で探すことになるヤクザの「木嶋」を演じたのは國村隼です。
日本を中心に様々な作品に出演している國村隼は本作で威厳のあるヤクザを見事に演じていました。
2003年にキル・ビルでも組長を演じています。

MIYAVI

城島

浅野忠信演じる蓮司の愛人のジョウシマを演じたのはMIYAVIです。
MIYAVIは日本出身のミュージシャンで国内だけでなく海外でも活躍しています。

ここから先は【KATE/ケイト】のネタバレを含みます。

ネタバレ感想

それでは早速ネタバレを含めた感想に行きましょう!

バニラのトラックと共に始まる

本作が始まってまず驚くのが「あの」バニラのトラックです!
このバニラのトラックは東京で聞かない日は無いでしょう。
あの印象的な歌を流しながら爆音で走るトラックは海外の人からでも印象に残るのでしょうか。
レモンを想像すると口が酸っぱくなるように、黒板をひっかく姿を想像すると鳥肌が立つように、バニラのトラックを想像するとあの歌が頭を占領します。

さて、そんなバニラのトラックを隠れ蓑にウディ・ハレルソン演じるヴァリックと、メアリー・エリザベス・ウィンステッド演じるケイトが狙撃の現場へ向かっています。
このウディ・ハレルソンは『ハンガーゲーム』では飲んだくれのヘイミッチを、『グランドイリュージョン』では冗談好きのメンタリストを、『ヴェノム』ではシリアルキラーを演じています。
このように様々な性格の違う役を上手く演じており、私の好きな俳優です!
本作もウディ・ハレルソンが登場するということで楽しみにしていました。
さてここでケイトはヤクザの狙撃を行おうとしますが、子供が一緒にいることから、狙撃を中止するか聞きます。
どうやら子供がいたら作戦は中止するという決まり事があったようです。
しかし今回は作戦続行の合図が出ます。
渋々ケイトは標的を撃ちますが、ケイトの頭から子供の助けを求める声が消えることはありませんでした。
ここで初めて登場したミク・マティノー演じるアニが登場し、助けを求めました。

その後、トラウマを抱えたケイトはホテルで知り合った男性と部屋に行くのですが、そこで飲んだワインに仕込まれたポロニウム204により被ばくしてしまいます。
それによりケイトは24時間しか生きることが出来なくなってしまいました。
そんなケイトは自分に毒を盛った犯人を捜し、24時間以内に復讐をすることを誓います。

この復讐が本作の「動機」になります。
しかし、これを覚えておく必要はありません。
何故なら本作はケイトのアクションに98%の力を使い、残りの2%をストーリーに使ったような作品だからです。

つまり中身が本当にない。

ケイトのアクションは良くできていると思いますが、ストーリーに関しては後から付け足したようなものでした。
しかし、愛犬の復讐を目的とした『ジョン・ウィック』はどうでしょうか。
公平にするため、『ジョン・ウィック』の第1作目のみと比べてみましょう。

キアヌ・リーヴスとメアリー・エリザベス・ウィンステッドのアクションに関しては、どちらも力の差や体格差を活かしたアクションであり、どちらも違った良さがあったと思います。
しかし、決定的な違いとして先ほど述べたアクションとストーリーの割合があります。
『ジョン・ウィック』はアクションに99%使っていると感じます。
そのためアクション以外にやることが無いとも言えます。
『KATE/ケイト』ではストーリーに少し力をそそいでしまった為に薄いストーリーを展開せざるを得なくなってしまったのです。
映画では限られた時間の中で起承転結を描かなければいけないので、ドラマよりもこの割合が重要だと感じます。

リアルとフェイクが混在する東京

スナイパーのケイト

本作の主な舞台は東京です!
更に、実際に東京で撮影されたと思われるシーンも複数あり、その点に関しては興奮しました!

しかし何故でしょう。
監督は本物の東京では満足できなかったのでしょうか?
本物の東京に混ざり、大きなネオンが飾られたビルや、ケイトが東京で狙撃をする場面では、ビル全体にアニメ『東京喰種』が映し出されているシーンもありました。
更には、絶対に立ち入ってはいけないような路地裏が存在していました。

しかし本物の東京が使われたシーンも存在し、「あっ!あの場所だ!」といった反応もできます。
やはり実際の日本で撮影されたシーンの方が楽しめると思うのですが、それは日本に住んでいるからであり、海外の方々はサイバーパンク風の日本を望んでいるのでしょうか?
そんなリアルとフェイクが混在する東京ですが、登場人物もまた日本人だけとはいかないようです。

ケイトは旅行客を装っているシーンもある通り、むしろメアリー・エリザベス・ウィンステッドが日本語を話している!
と嬉しくなりますが、日本人役が片言では話が違います。
病院の医師のような小さな役であれば聞き流すことが出来ます。
しかし、あろうことかケイトと行動をともにするアニが片言でした。
正直、字幕を付けないと何を言っているか分からない場面もありました。
更にヤクザの娘ということで日本人と会話をする場面が多々あるのですが、片言の日本語のせいで上手く物語に集中できないことがありました。
アニが命乞いをするシーンがありましたが、あのシーンは違和感を覚えた人も多いのではないでしょうか。
アニを演じたミク・マーティノーは英語でのシーンも含め、演技があまり上手いとは言えませんでした。

ネオンが光る東京で起こる片言の日本語のシーンに時々登場する浅野忠信と國村隼の演技の安心感が、他も相まって余計に安心感があります。
日本を舞台にした作品で流暢な日本語に安心するってよく考えると変ですね(笑)

バイセクシャルライティング

本作ではピンクや紫のライティングが随所に見られました。
これはバイセクシャルライティングと呼ばれ、ここ数年でバイセクシャルのキャラクターを表現する際に使用されることが多くなってきています。
本作では浅野忠信演じる蓮司とMIYAVI演じるジョウシマの関係が最もわかりやすい例と言えます。
その他にもケイトに毒を盛った張本人のスティーブンを見つけた場面で、スティーブンと一緒にいたカナコとケイトが会話をしている時の雰囲気も意味ありげだと感じました。
もしかしたら、ウディ・ハレルソン演じるヴァリックのセリフ
父親でもあり、母親でもある
というセリフは単純にケイトの両親替わりであるという意味の他にも、何か裏の意味があるのかもしれません。

物語のラスト

ケイトは毒を盛れと指示したと言われる木嶋と会ったが両方が騙されていることが判明しました。
実は裏でヴァリックと蓮司が組んで引退しようとしているケイトを毒殺する計画だったようです。
そして最終的にケイトとヴァリック、蓮司と木嶋の対決となります。

蓮司と木嶋の刀での戦いは印象的でした。
実際の戦いではあのように一瞬で決着がつくのかもしれませんね。
しかし、本作や、『マイティ・ソー』シリーズ、『モータルコンバット』での浅野忠信の扱いがちょっと雑に見えます(笑)
何か長生きする良い役がもらえるといいですね。

そしてケイトとヴァリックのシーンでしたが、恐らく最初から観ていた人の多くは毒が盛られた時点でヴァリックを疑ったと思います。
その通りです。
ウディ・ハレルソン好きの私としてはここまで出番が少ないのは悲しかったですが、ここまで雑な役柄も悲しいです(笑)
やられるのは時間の問題のヴァリックとの決着をつけ、ケイトはアニの腕の中で寿命が尽きました。

最後に

いかがだったでしょうか。
今回はNetflixオリジナルの、東京を舞台にしたアクション・アドベンチャー【KATE/ケイト】のネタバレ感想をお届けしました!
Netflixの今後の作品が楽しみです。
それではまた別の記事でお会いしましょう。
最後までご覧いただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました