ラブデスロボットシーズン2第6話【聖夜の来客】徹底解説レビュー

スポンサーリンク
聖夜の来客 レビュー

今回は、Netflixで5月14日に配信開始した大人向け短編映像作品集のラブデスロボットシーズン2の第6話である聖夜の来客の徹底解説レビューをお届けします!

既に、前の話の徹底解説レビューをしているので、もしよろしければそれらもご覧ください!

 

草むらに潜むものをレビューをする前に

【草むらに潜むもの】の監督について

【聖夜の来客】の監督を務めたのはElliot Dearさんです。

エリオットさんはこれまで目立った作品はありませんでしたが、彼の作品はどれも幸せになれます。
彼はCG、2D、さらにはストップモーションなど様々な技法での制作が得意です。

今回の【聖夜の来客】はストップモーションで制作されています。

下の作品は今回と同じくストップモーションで制作された作品です。


【聖夜の来客】の原作について

【聖夜の来客】の原作は、Joachim Heijndermans(ヨアヒム・ハイデルマンス)のオーディオブックAll Through the House(邦題:聖夜の来客)です。

この作品は2017年の12月に公開されました。

本での公開ではなく、オーディオブック(読み聞かせ)のようです。

下記のサイトにて無料で公開されています!

英語のオーディオブックですが、ナレーターが役になりきっているので雰囲気だけでも楽しめるかと思います!

リンク先の案内が少しややこしいので、ご案内します。

リンク先に飛んでいただくとdownload(ダウンロード)というリンクがあります。それをクリックしていただくとオーディオブックが再生されます。

ダウンロードされることはございませんのでご安心ください。

オーディオブックが再生されると、再生画面の右端に点が3つ並んだボタンが表示されます。

それをクリックしてダウンロードを押すと、ダウンロードされます。オフラインで聴きたい方はダウンロードをするのもいいかもしれません!

ネタバレなしレビュー

【聖夜の来客】はこれまでの作品とは違い、どこかディズニーを感じさせました。

この作品は、姉弟がクリスマスの夜に1階で物音がするので見に行くところから始まります。

ストップモーションで制作されており、細かな部分まで見事に制作されているのも魅力です!

 

ネタバレありレビュー

今回の【聖夜の来客】にはいい意味で期待を裏切られました(笑)

クリスマスの夜、来客と言われたらあのおじいさんを想像してしまいます!

と言っても、その正体を実際に見た人はいないと思うので、もしかしたらこの姿が本当なのかもしれません!
聖夜の来客

それにしても、あの絶妙に怖いモンスターを考えた方を尊敬したいです。
あの手の位置と動きがトラウマです(笑)

プレゼントを出す動きは、まるで猫が毛玉を吐き出すような仕草でした。
もし悪い子だったらどうなっていたのでしょうか。

怖いけど癖になってしまう、そんな作品でした!

おわりに

今回はラブデスロボットのシーズン2の第6話である聖夜の来客をレビューしました。
いかがだったでしょうか?

ラブデスロボットのシーズン2は全8話で構成されているオムニバス形式です。

既に別の話のレビューを書いていますのでこちらも是非ご覧ください!

それでは、また別の記事でお会いしましょう!
最後までご覧いただきありがとうございました!

 
タイトルとURLをコピーしました