レミーのおいしいレストラン_レビュー【徹底解説】

レミーのおいしいレストラン レビュー

この記事では、2007年公開のピクサーアニメーションスタジオが制作したアニメーション映画「レミーのおいしいレストラン」についてのレビュー、そして徹底解説を行っていきます。

レミーのおいしいレストランのあらすじ

エッフェル塔
本作の舞台はフランスのパリです。
小さな一軒家に仲間のネズミたちと暮らすレミーは自身の驚異的な味覚と嗅覚を活かし、食料の毒見役をさせられていました。
しかしレミーの夢は違いました。
レミーは度々キッチンへ忍び込んでは人気シェフのグストーが登場するテレビを観たり、グストーの著書「誰でも名シェフ」を読んでいました。
そしてレミー自身もグストーのような一流のシェフになることを夢見ていました。
ある日レミーは家主のおばあさんが寝静まった頃にキッチンへ侵入し、兄のエミールと共に調味料を盗もうとしていました。しかし途中で家主のおばあさんが起きてしまいました。
おばあさんはレミーたちを見つけると銃を発砲し始めました。
そのうちに屋根が崩壊し屋根裏に住んでいた仲間のネズミたちと共に逃げ出さなければならなくなりました。
レミーたちは嵐の中、手作りの船に乗り逃げていました。
レミーはグストーの「誰でも名シェフ」を見捨てられずに必死に担いで逃げ出しました。
しかし、レミーはあと一歩のところでみんなに追いつけず一人で流されてしまったのでした。
レミーが一人で悲しみ、「誰でも名シェフ」を読んでいるとなんとグストーの写真がレミーに語り掛けてきました。
レミーがグストーに励まされ地上に出るとそこはなんとパリでした。
レミーはグストーのレストランに行き、そこで雑用係のリングイニと出会いました。
そこから物語は展開されていきます。

印象に残った点

今作は芸術の都パリが舞台です。
そのため、レミーや兄のエミールが食材を味わう時の表現が視覚的に表現されている点がまさに芸術の都を舞台にしていると感じます。
そして何よりもレミーがとてもおいしそうに食べているのが可愛いです!

美味しそうに食べるレミー

 

辛口評論家のイーゴに隠された秘密

イーゴとは作中に登場し、グストーのレストランの星を1つ下げた辛口評論家です。
彼は別名「食べる死神」とも呼ばれています。
その名を象徴するようにイーゴの部屋は棺桶の形になっていたり、タイプライターはドクロのようになっています。
イーゴの部屋
イーゴのタイプライター
さて、そんな辛口評論家のイーゴですが、なぜ名前がイーゴなのか考えたことはありますか?
実は彼の名前を英語にするとEGO(エゴ)になるのです。
エゴ」とは自分自身を最優先し、相手を考えない態度といった感じです。
辛口料理評論家として活動しているイーゴにとってぴったりの名前ですね。

作中に登場する料理「ラタトゥイユ」が実際と違う?!

ラタトゥイユ
作中ではキーアイテムとして、さらに英語版ではタイトルにもなっている料理「ラタトゥイユ」ですが実は作中に登場する「ラタトゥイユ」は実際のものと少し違うのです。
まず初めに「ラタトゥイユ」とは何かご紹介します。
この料理の実際の名前は(Ratatouille)と言います。なんと最初の三文字がRat(ネズミ)になっているのです。
このラタトゥイユは一般的にトマト、ニンニク、玉ねぎ、ズッキーニ、ナス、ピーマンを煮込んだ郷土料理です。
さて、一体どこが実際のラタトゥイユと違うのかと言いますと、ずばり盛り付け方です。
こちらが一般的な「ラタトゥイユ」です。
実際のラタトゥイユ
ご覧の通り、全然違いますよね。
実は「レミーのおいしいレストラン」の「ラタトゥイユ」はPIXER style Ratatouilleピクサースタイルのラタトゥイユ)と呼ばれています。
このピクサースタイルのラタトゥイユは三ツ星シェフのトーマス・ケラーさんのよってデザインされました。
トーマス・ケラー
何気ない郷土料理がここまでお洒落なデザインになると高級レストランに出てきても違和感がありませんね。
日本の煮物がピクサースタイルになった物も見てみたいです。
YouTubeでピクサースタイルのラタトゥイユの作り方を紹介している動画がありますので是非ご覧ください!

レミーのおいしいレストランに続編の可能性はある?

ピクサーの社長
ピクサーの社長であるジム・モリスさんは2016年のインタビューで2020年以降は続編よりもオリジナル作品に注力していくと答えています。
確かにその後に公開された作品を見ていくと、Mrインクレディブルの続編である「インクレディブルファミリー」や「トイストーリー4」のような続編もある一方、リメンバーミーや、2分の1の魔法のようなオリジナル作品の公開も多いです。ピクサーでは1つの作品に数年の期間を要することがほとんどなので今後はさらにオリジナル作品が増えていくと考えられます。
なので「レミーのおいしいレストラン」の続編が近いうちに公開される可能性は低いかもしれません。
しかし、Mr.インクレディブルの続編が14年後に公開されたことを考えると続編の制作が全く無いとは言えません。

最後に

今回は2007年に公開されたアニメーション映画「レミーのおいしいレストラン」をご紹介しました。
是非、チーズラタトゥイユを片手にご覧ください!

タイトルとURLをコピーしました