Netflixドラマ【スイート・トゥース 鹿の角を持つ少年】ネタバレ・解説

ガス レビュー

今回は2021年6月4日に配信されたNetflixオリジナルドラマ【スイート・トゥース 鹿の角を持つ少年】のネタバレ・解説をお届けします。

はじめに

DCコミックスが原作

【スイート・トゥース 鹿の角を持つ少年】は、スーパーマンやバットマンで有名なDCコミックスの大人向けカテゴリ【ヴァーティゴ】より刊行されたコミック【Sweet Tooth】が原作です。

ヴァーティゴ】から刊行され、ドラマ化された作品として、【LUCIFER/ルシファー】や【プリーチャー】、【iゾンビ】があります。
更に今後は【スワンプシング】や【サンドマン】のドラマ化が予定されています。

制作

製作総指揮には、アイアンマンで知られるロバート・ダウニーJrがいます。
更にロバート・ダウニーJrと妻のスーザン・ダウニーが設立した制作会社Team Downey(チーム・ダウ二-)が本作の制作に携わっています。
監督は【ジム・マイクル】、製作には【ARROW/アロー】の脚本家である【ベス・シュワルツ】が参加しました。
なので、制作はワーナーブラザーズ・テレビジョンと、チーム・ダウニーです。

あらすじ

“大崩壊”により変わり果てた世界。シカと人間のハイブリッドとして生まれた少年が、無愛想だが心優しい男とともに、新たな始まりを求めて大冒険の旅に出る。
原題:SWEET TOOTH
出演:ノンソー・アノジー、クリスチャン・コンヴェリー、アディール・アクタル
公開日:2021年6月4日
配信サービス:Netflix

キャスト

ガス(クリスチャン・コンベリー)

ガス

本作の主人公で鹿のハイブリッドのガスを演じたのはクリスチャン・コンベリーです。
なんという可愛さなんでしょうか。
この鹿の角と耳を持つ天使が本作に癒しを与えてくれたことは間違いないでしょう。

ビッグマン(ノンソー・アノジー)

ビックマン

ガスと共にコロラドへと向かう大男です。
198cmのノンソーは劇中でも強い存在感を放っていました。
そしてガスとの時間を過ごしていく中で徐々に明らかになるビッグマンの優しさ。
無愛想なビッグマンの優しさはより印象に残りますね!

アディ(アディール・アクタル)

アディ

究極の選択を迫られすぎた医師です。
お隣さんのリンジーの死体を隠したり、妻の感染が発覚して家ごと焼かれそうになったり、最終的には妻を囚われ、ハイブリッドの人体実験をする羽目になります。
恐らく本作では一番ひどい目に合っていたキャラクターかもしれません。
今後アディがどのようなキャラクターになるのか楽しみです。

エイミー(ダニア・ラミレス)

エイミー

元カウンセラーで、ハイブリッド保護区を設立した女性です。
物語の中心人物の1人で、終盤で保護していたハイブリッドがさらわれてしまい、手当てしたビッグマンと共に取り返しに行こうとしています。

ベア(ステファニア・オーウェン)

ベア

元アニマル軍のリーダーで、その後ガスとビッグマンと共に行動することになった女の子です。
終盤で妹がエイミーが一番最初に保護した豚のハイブリッドのウィンディだと判明しました。
ベア自身はまだ知りませんが、10年経ち、妹と再会する場面が今から待ち遠しいです。

スイート・トゥースのネタバレ感想

スイート・トゥースの意味

本作の題名にもなっており、ビックマンがガスを呼ぶときにも使われている「スイート・トゥース」とはどういう意味なのでしょうか。
これは、『甘いもの好き、甘党』の意味として使われます。
ガスはお菓子やシロップが大好きな「甘党」ですので、ぴったりですね(笑)

原作との変更点

冒頭でも説明した通り、本作はDCコミックスの大人向けカテゴリ【ヴァーティゴ】から刊行されたコミックが原作です。
ドラマではガスを演じたクリスチャン・コンベリーの可愛さが印象的ですが、コミックのガスと似ているとは言えません。
ガスの比較画像
ガスを可愛くしたのは良い判断だったと思います。
そのおかげでこの作品により愛着が沸いた人も多いかと思います。

そしてガスと共に旅をするビッグマンにも大きな変更がされています。
ビッグマンの比較画像
実は原作コミックではビッグマンは白人で、ホッケーの選手でした。
ドラマ版では、黒人で、アメフトの選手に変更されました。
最近では人種をオリジナル作品と変更してキャスティングすることがあります。
これが良い効果を生むこともあれば、逆に問題となる場合もあります。

コロナ渦と重なる設定

本作を鑑賞して最初に思ったのが、今の世界と似ているなという感想です。
この物語は、ある日突然流行した謎の疫病H5G9が蔓延した世界で生きる人々を描いた作品です。
原因不明の感染症が蔓延し、人々はマスクが必須と消毒が必須になり、家にこもる生活が始まりました。

正にコロナ渦の現在を反映しています。
そして、それと同時期に生まれるようになった動物と人間の特徴を持つハイブリッドに向けられる敵意の目。
人々はハイブリッドと疫病には因果関係があると考えます。

ここで私は、心理学法廷ドラマ【BULL/ブル】の言葉を思い出しました。
その作品での話を要約すると、
人々は最悪の事態が起きた時は、攻撃する対象を探す
です。

今回はハイブリッドがその対象です。
そもそも、ハイブリッドが誕生したから疫病が蔓延したとは言えません。
反対に、疫病が蔓延したから、ハイブリッドが誕生したとも考えられます。
しかし、今回はハイブリッドが攻撃しやすい対象だったのでしょう。

シーズン2について

シーズン1は、メインストーリーへの序章のように感じました。
個々のキャラクターを説明する時間には丁度よい感じはしましたが、これから遂に別々の場所にいたキャラクターが出会い、物語が進行していく所でシーズン1は終了です。
シーズン2に期待をさせる作品でした。

実は、すでにシーズン2への更新が決定しています!
Netflixの公式ツイッターにて、大きなチョコレートと共に発表されました(笑)

シーズン2では、別々に進行していたキャラクター達が一つになり、大きな展開を迎えることになりそうです!

さいごに

本作は今の世界を描いたような作品でした。
シーズン1は序章のような感じでしたので、シーズン2が楽しみです!

最後までご覧いただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました